イアーリングコーラスの指導者プロフィール


イアーリングコーラスを指導していただいている先生方をご紹介します。とっても素敵な方々です。

 (常任指揮者) 山田 茂先生(東京混声合唱団理事・副指揮者)

 山形県天童市出身。 東京藝術大学在学中に藝大バッハカンタータクラブを結成、合唱・独唱の指揮に当たる。  卒業後東京混声合唱団に入団。  グレゴリオ聖歌から現代の新しい作品やオーケストラ付きの曲まで時代をジャンルを超えた幅広いレパートリーを持ち、年間 100回を超す公演に参加し、永らくコンサートマスターを務められてきました。  現在は同団理事・副指揮者、合唱音楽振興会の評議員の任にあり、各地の合唱連盟や合唱団に招かれ、講演や指揮活動もされていらっしゃいます。  平成11年の第51回定期演奏会から当イアーリングコーラスの指揮をして頂いております。
 著書:『合唱名曲ガイド110ア・カペラによる混声合唱曲』(音楽の友社、共著)

 ピアニスト 植木 美江先生

 桐生女子高等学校卒業。 東京音楽大学ピアノ専攻卒業。  ピアノを佐々木慈子、井上明子、堀内淳子、室内楽を古村義尚、声楽を深澤節子、日本歌曲伴奏法を塚田佳男の各氏に師事。
ピアノデュオリサイタル、水曜ブロムナードコンサート等各種コンサートに出演。これまで声楽家との共演は数多く、 その分野はオペラアリアから日本歌曲までと幅が広い。
 現在、ピアノ講師として後進の指導、当イアーリングコーラスのピアニストを努めるほか、声楽、室内楽、ピアノコンサートを中心に活躍されております。


 団員指揮者 佐伯 俊彦さん (練習風景から)

 当イアーリングコーラスの男声の最年少、バス所属の熱血漢です。年上の多くの団員を指導するのは大変なことなのですが、穏やかな言動で団員を導いてくれます。山田先生との連携もしっかりしており、通常の金曜日の練習では欠くことのできない当団の大黒柱です。ボランテア演奏会,音楽祭等では指揮をして頂いております。

 団員指揮者 松井 智司さん (練習風景から)

 イアーリングコーラス草創期からの団員で、テノール所属の重鎮です。 理詰めの指導には定評があります。  通常の金曜日の練習での指導,ボランテア演奏会,音楽祭等で指揮をして頂いております。




お問い合わせ・見学も随時歓迎します。まずはご連絡下さい
イアーリングコーラスへのお問い合わせ・このホームページに関してのご意見は
E-mail: yearlinginfo@yearlingchorus.jp までお願いいたします。